家族構成によって理想の家の条件は違ってきます。家族があまり多くない家庭が新築住宅を建てるならば部屋の数よりも広い部屋にこだわって新築住宅を建てた方が満足できます。逆に家族が多いならば部屋数を増やした方が暮らしやすい新築住宅になります。また、世代によっても住宅の好みは違うので家族の意見をまとめることは大変です。年齢が上の人は温かい雰囲気のする木造の新築住宅を好む傾向があります。いろいろな世代の家族みんなが納得できるように配慮した新築住宅にするべきです。例えば、バリアフリーの新築住宅にした方がお年寄りは暮らしやすいです。注文住宅は自分の理想の住宅を実現するためには適しています。しかし、予算が多く必要になってくることを覚悟しないといけないです。もし新築住宅を建てる資金に余裕があるならば、自由度の高い注文住宅を建てて損はないです。最新設備が備わった新築住宅は豪華で素晴らしいですが、予算を抑えるためには本当に自分の生活に必要な設備なのかを熟考するべきです。–